安全性を保つために大切なマンション大規模修繕工事!

サイトマップ

修繕工事中のマンション

マンション大規模修繕工事の必要性と費用の相場

足場を組む作業員

消耗品である建物は年月の経過とともに劣化して行くため、定期的なマンション大規模修繕工事が必要になります。中には費用もかさむ、目に見える範囲で著しい老朽化は見られないなどの理由で問題を先送りにするオーナーもいますが、これは大きな間違いです。老朽化はコンクリートの内側など目に見えない部分で進んでいるケースも多くあります。
マンション大規模修繕工事を行わなかった場合に起こりえる問題が安全性の低下です。コンクリートや支柱の鉄骨が内部で劣化した状態をそのままにしておくと、大きな地震が起きた時に倒壊する可能性も少なくありません。そのほかにも、ベランダや階段の破損による落下などにも注意が必要です。
マンション大規模修繕工事を行うタイミングは環境や立地によって若干異なりますが、通常10年前後で劣化が始まると言われているため、12年程度を目安に行うのが理想とされています。修繕に掛かる費用は40~50戸世帯の物件で3000万円前後で、一世帯当たりの負担は70万円程度です。ただし、依頼する業者によって金額は変わるため、この金額よりも抑えることもできます。工事を行う時は、複数から見積もりを取って負担が少なく抑えられる専門業者へ依頼をすることが大切です。

専門業者に依頼してマンション大規模修繕工事を行おう

マンションは、間取りや周辺環境も重要ですが、見た目の印象により、人気がかなり左右されるといえます。新築の時には、高級感があり洗練された雰囲気のマンションだったとしても、年月がたつにつれて、雨風にさらされるなどして、外壁が色あせたりはがれたりと、どうしても古びれた印象になってしまいます。
マンションの入居者をより増やしたいという時には、マンション大規模修繕工事をして、外壁などをリニューアルすると大変効果的です。雰囲気が新しくおしゃれな雰囲気になることで、新築マンションに負けないくらいの洗練された印象を与えることができます。ただ、マンション大規模修繕工事を行うには、マンションの規模が大きいほど、資金や工期が必要になるという問題もあります。できるだけ費用をおさえ、短い期間でマンション大規模修繕工事を行いたいのなら、実績のある専門業者へ依頼するのがおすすめです。事前にどのような修繕が必要か、どのようなところを重点的に工事すれば効果的なのか、プロの視点からの適切なアドバイスをしてもらうことができます。また、専門業者であれば、工事が完了してからのアフターフォローをしてもらうこともできるので安心です。

マンション大規模修繕工事の絶好のタイミングとは

賃貸マンションの経営者が初めて大規模修繕工事を行うのは、建物が完成してから15年以内のケースが多いです。しかし建物の状況によって絶好のタイミングは異なるので、マンション大規模修繕工事を専門業者へ依頼する前に診断を受けるべきです。建物の無料診断サービスを利用したうえで、劣化が著しい部分を中心に工事を行うのがポイントです。また建物の資産価値を維持するだけではなくて、施工によって稼働率を高めることも、マンション大規模修繕工事のテーマの一つです。特に入居率が著しく下がった場合には、建物のイメージを一新するような施工プランを選ぶべきです。そして賃貸経営者の多くが、稼働率が8割以下になったときがマンション大規模修繕工事を実施する最も良いタイミングだと考えています。外壁塗装工事を実施して明るいイメージの建物にリニューアルするのが、賃貸経営者の間でとりわけ人気のある施工内容です。しかしコンクリートのひび割れやレンガ風のタイルの剥落が見られる場合には、緊急に大規模修繕を行う必要があります。またマンション大規模修繕工事の時に、すべての排水管の洗浄を丁寧に行うと、漏水などの水のトラブルが発生するリスクも最小限に抑えられます。

オススメ記事

Copyright © 2020 安全性を保つために大切なマンション大規模修繕工事! All Rights Reserved.